定番スタッズ Tシャツから春夏におすすめな【ドライ素材タイプ】が登場! | おしゃれでかっこいい作業着・作業服|【公式】STUD'Sスタッズ
blogtop

定番スタッズ Tシャツから春夏におすすめな【ドライ素材タイプ】が登場!

今回はSTUD’S(スタッズ) のドライTシャツ S2553シリーズとS2562-1を紹介します。

ブランド立ち上げ当初から人気の定番スタッズTシャツからポリエステルタイプのS2553-1とS2562-1が登場しました。スタッズTシャツは綿100%タイプのみの展開でしたが、季節を問わず、また汗をたくさんかくようなシーンでも不快感無く着用できるようにベース生地をドライタッチなポリエステル素材に変更しています。

この記事を読んでS2553シリーズとS2562-1とSTUD’Sブランドのこだわりを感じていただけると幸いです!

INDEX

S2553-1 ドライ半袖ポケT
COLOR 0.ホワイト
S2553-1ホワイト
COLOR 4.ブラック
S2553-1ブラック

S2553-2 ドライ半袖ポケT 2024年4月23日 18時販売開始予定
COLOR 0.ホワイト

COLOR 4.ブラック

S2562-1 ドライ長袖ポケT
COLOR 0.ホワイト
S2562-1ホワイト
COLOR 4.ブラック
S2562-1ブラック

S2553-1とS2562-1をサクッと解説

まずは特徴を簡単にまとめています。
時間がない方はここだけ読んでみてください。

●汗を素早く吸収して乾かす吸汗速乾生地を使用
●綿のような肌触りで気持ちの良い特殊ポリエステル素材を使用
●目付量200g/㎡のしっかりとした肉厚感
●仕事でも普段着でも着回し抜群の高い汎用性
●トレンド感のあるビッグシルエット
●帯電防止テープ付きで冬場の静電気発生を軽減

ここから先は詳しく書いていきます。
この記事を読んで購入の際の参考にしていただければ幸いです。

S2553-1Tシャツ着用モデル

年中通して快適なポリエステル素材

S2553-1とS2562-1の本体生地にはポリエステルを使用しています。
そもそもポリエステルって何?という方のためにまずは素材の特徴を上げておきます。
※一部S4551シリーズのブログ内容を引用しています。

・縮みにくく、型崩れやシワが起きにくい
→洗濯や乾燥でも縮みにくく、シワになりにくいので扱いやすいです。

・速乾性が高い
→水や汗で濡れてもすぐに乾くのでスポーツ衣料やインナーなどに向いています。

・軽量感がある
→綿に比べて軽量でストレスを感じにくいです。

・洗濯耐久性が良く、丈夫である
→繰り返しの洗濯でも繊維が傷みにくく丈夫です。

・発色が良く色落ちしにくい
→綿に比べて発色が良く、繰り返しの洗濯でも色褪せしにくいです。

・カビ、湿気、虫食いに強い
→綿や天然繊維と違いカビ、湿気、虫食いなどに強いです。

上記の通り扱いやすさは天下一品!
速乾性や軽量感に加え、カビや湿気にも強いので、作業時や運動時、春夏向け衣類として重宝される素材です。
比較対象にされることの多い、天然繊維の綿素材にはしっかりとした頼りがいのある生地感や柔らかさ、高い吸汗性などのメリットがある反面、汗をかくと水分を吸って重たくなったり、乾きが遅い、洗濯乾燥で縮みやすいなどのデメリットもあるのでポリエステル素材の方が快適で扱いやすいと感じる人が多いかもしれませんね。

ちなみにその他の素材に関してもコチラの記事で詳しく書いていますので気になった方は読んでみてください!

デキる男は作業着選びで失敗しない!【定番素材の特徴一覧】

マットな質感と綿のような風合い

ポリエステルのメリットは上述した通りですが、ポリエステルは石油を元にした合成繊維であり、天然繊維の綿などと違って、生地にテカリがでて安っぽく見えたり、ツルツルした表面感で肌触りが苦手という方もいるのではないでしょうか。

ただドライ感が持続するTシャツを作ってもSTUD’S(スタッズ)的には面白くないので、今回使用したポリエステルはそういったデメリットを解消するべく特殊なポリエステルを使用しています。これにより、生地表面にテカリが出にくくマットな見え方で高級感があります。
また手触りも着心地も天然繊維の綿に近い感覚に仕上がっているのでポリエステルの素材感が苦手な方もトライしてみる価値があるアイテムです。

S2562、S2553生地

ONでもOFFでも活躍する

続いてデザインについてです。
胸ポケットのロゴ刺繍がワンポイントになっています。

長袖のみですが袖に同色のロゴプリント付きでさりげないアクセントが効いています。
袖アップブラック

私服でも着てもらいたいのでカジュアルトレンドでもあるビッグシルエットを採用し、トレンド感も意識しつつ、着用していても楽すぎます!
アクの強い個性的デザインではなく主張しすぎない「ちょうどいいカジュアル感」を表現したいとデザインしたため、様々なシーンで着回しできる強みがあります。


春夏シーズンではトップスとして1枚でもかっこよくキマり、秋冬シーズンはインナーとしても活躍するので年間通して着用が可能です。また仕事着としての「ONスタイル」、私服としての「OFFスタイル」のどちらのシーンでも違和感無く着用できるので着用頻度が高くなること間違いなしです!

ワークウェアベースの機能性

パッと見はカジュアルTシャツですが機能性はワークウェアベースです。
●吸汗速乾性があり汗をかいてもすぐに乾く
●頼りになるしっかりとした肉厚な生地感(目付200g/㎡)
●UVカット率99%で日焼けを防止
●繰り返しの着用洗濯にも対応した袖口リブ
●袖下と脇に帯電防止テープ付きで静電気の発生を軽減
●生地物性はワークウェア基準の耐久性能をクリア
●小物が収納できる胸ポケット付き

ありがたい機能が満載でコスパにも優れています!

デメリットと購入前の注意点

ここまで良いことばかり書きましたがデメリットや注意点も少々あります。
購入前にぜひご一読ください。

●ポリエステルのデメリット
熱や火への耐性は綿より劣ります。生地の触り心地は綿に近づけていますが性能はポリエステルですので火の粉が飛ぶような場所での着用はお避けください。

●帯電防止テープは静電気を0にするものではありません
袖下と脇に帯電防止テープを付けていますが、生地に編み込む制電糸とは違って完全に静電気を除去できるものではありません。データ上は帯電の数値はしっかり出ていますがあくまで発生を軽減するものということをご理解いただきますようお願いいたします。

●サイズ感は綿100%のスタッズTシャツに近いです
サイズ感はカジュアルトレンドに寄せたビッグシルエットです。
購入前にサイズ表を確認してください。(商品ページにも記載しています)
すでに綿100%タイプのS1553シリーズやS1562シリーズをお持ちの方は同じサイズで購入いただけれれば間違いありませんが、ポリエステル素材のため、ほぼ縮まないことと、生地の特性で、綿タイプより少しブカっとしたサイズに感じるかもしれません。
S2562-1サイズ表

S2553-1サイズ表

最後に

綿100%のスタッズTシャツを持っている方はもちろん、綿100%は速乾性が無くて苦手という方はぜひこちらのシリーズを試してみてください!

この記事を読んで少しでも気になった方はぜひ着用してみてください。

ちなみに綿タイプも気になるという方はコチラも見てみてください!
着心地良し! 使い勝手良しのSTUD’S COTTON Tシャツシリーズ

それではみなさん今日も一日ご安全に!

STUD’S、スタッズ、作業着のオシャレを定義する、大人の作業着、もう消耗品じゃない、作業着、作業服、ワークウェア、luxuryworkwear、オシャレ作業着、デキル男

商品情報はこちらから